ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 枯れ葉の季節に | main | 世界の中心でロックを叫ぶ >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.10.15 Sunday

青い森の奇跡

♯78
スリーアウトチェンジ
スリーアウトチェンジ / スーパーカー

90年代後半の邦楽ロックシーンは本当に活気に満ちていた。
スーパーカーに,くるり,サニーデイにミッシェル,そしてナンバガ。ズボンズやワイノーもいたな。他にも誰か忘れてそうだ。この頃購入するCDは,洋楽:邦楽=6:4ぐらいの比率になっていた。ちょうど,洋楽ロックはブリットポップが終焉し,これといったネクストフェーズも見出せぬまま調整局面にあった時期。その頃邦楽ロックは,90年代前半の洋楽ロックの勢いを引き継ぐ形で新しい才能が次々と誕生していた。

その中でも,青森から現れた彼らの登場は本当に衝撃的だった。
日本のロックをリセットしてしまおうと目論むそのアルバムタイトル。もう守備はおわり。自分たちが攻撃する番。スーパーカーのこの掛け声とともに,ここから日本ロックの反撃がはじまった。
この19曲入りのデビューアルバムは,ハッキリ言ってしまえば,やや散漫であるし,彼らの最高傑作ではない。しかし,このアルバムにはデビューアルバムでしか鳴らすことのできないピュアで切ないメロディが一杯詰まっている。初期衝動を刻んだ,デビューアルバムとしては最高の作品だと思う。「CREAM SODA」「LUCKY」「PLANET」は永遠の名曲。(個人的には,シングル「CREAM SODA」のB面「LOVE SONG」が今でもベストトラックだが。)
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
ミキちゃんの歌う「DRIVE」がサイコーに好きでした^ ^
一時期はかなりヘヴィロテしてた曲で、アルバムもかなり聴きましたよ^ ^

ただちょっと曲入れすぎですよね(笑)。
ガチャピンさん,ありがとうございます。
私は「ラッキー」が最高でしたね。
曲が多いので,やや散漫な感がありましたが,まあそれも含めて初々しくってよかったかなと。
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR