ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 10年ニュー・リリース♯36 | main | 10年ニュー・リリース♯38 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.11.16 Tuesday

10年ニュー・リリース♯37

10NEW RELEASE♯37
カム・アラウンド・サンダウン / キングス・オブ・レオン

前作でついに全米でも大ブレイクを果たし,世界的なロックバンドへと大きく飛躍した我らがキングス・オブ・レオン,待望の5thアルバム。

これまではどちらかとこのバンドに対して批判的なスタンスをとってきた(ように感じていた)あのスヌーザー誌でも表紙を飾り,おまけに合評までされたりして,いよいよロック不感症のここ日本においてもブレイクの期待が高まりつつある昨今ではありますが,この新作はどちらかというと前作のようなキャッチーさはむしろ抑え気味で,比較的地味な印象を与える作品と言えるかもしれません。その代わりに,ますます貫禄というか風格というか,より大陸的なスケールを感じさせるアルバムとなっていまして,逆に言えば,ますます日本のリスナーには受けが悪そうで,このバンドの日本でのブレイクは永遠に無理かなあなんて感じたりします。まあ,あれだけわかりやすかった前作で思いっきりスルーされているこの国に何鳴らしたところで無理なんでしょうけど。

いかにもアメリカ的でマッチョなサウンドに聴こえるのだけれども,彼ら特有の独特のグルーヴがサウンドを引っ張っていて,実のところ全く汗臭さを感じさせない。このバンドの不思議な魅力が存分に発揮されていて,ついに「勝ち方を心得た」感じがします。もう,無敵ですね。

全く根拠はないですけど,このバンドやアーケイド・ファイアが理解できない(売れない)国だから,ロシアや中国に舐められているような気がする。そんな気持ちになってしまうぐらい,このアルバムには,「世界でどう戦うべきか」を心得た,そんな彼らのタフな強かさを感じます。

2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR