ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雑談 | main | 10年ニュー・リリース♯34 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.10.05 Tuesday

10年ニュー・リリース♯33

10NEW RELEASE♯33
ハーリー / ウィーザー

先日HMVから届いた新譜を聴く。
リンキンもディアハンターも良い!
マニックスの新作は,彼らの何作かに必ずある所謂「売り」にきた超ベタな作品で,いや〜,ここまでコッテリと仕上げたのは,多少やりすぎじゃない? なんて,ちょっと評価が微妙な感じではあります。とりあえず,保留。

そして,それほど期待していなかったこのウィーザーの新作。
コレ,かなり良いです。たぶん,過去最高に(おそらくグリーンとタメを張るぐらいの)ポップな仕上がりです。ここ数作において顕著だった「ポップ」化の流れがついにピークに達した感があります。ほとんどすべての楽曲が共作(中にはライアン・アダムスの名前も!)であることもあってか,とにかく,スコーンと突き抜けた感じで,凄く風通しの良いアルバムです。こんな清涼飲料水みたいなロックは,ウィーザーじゃねえ,って気持ちもわかります。でも,今のウィーザーはこうゆうことなのでしょう。

なんか,こんな開き直ったウィーザーを聴くと,同じく開き直りまくったマニックスの新作も,もう少し聴いてみようかなあ なんて思ったりします(笑)。

2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
こんばんは。
僕は国内版待ちの状態ですが、グリーンに匹敵するポップさと聞いたら期待しちゃいます!
ピンカートンの3枚組デラックスエディションやらレア音源集やらのリリースが続くようで、ファンとしては嬉しい限りです。
あとは来日してくれるといいのですが…。
  • Sani
  • 2010.10.06 Wednesday 22:58
Saniさん,毎度ありがとうございます!

グリーンに匹敵すると書きましたが,グリーンより「薄味」かもしれません。でも,キャッチーさでいえば,グリーンを引き合いに出したくなるぐらいです。

ピンカートンのデラックス版,ファンならずとも欲しくなりますよねえ。悩む。

  • FUJIMIROCK
  • 2010.10.07 Thursday 22:53
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR