ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 10年ニュー・リリース♯13 | main | 10年ニュー・リリース♯15 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.04.24 Saturday

10年ニュー・リリース♯14

10NEW RELEASE♯14
シンクロニシティーン / 相対性理論

今月号のスヌーザー。特集「レディ・ガガに勝てない日本のロック」。相変わらず,酷いこと書くなあ なんて思いつつ,たまたま見てたミュージック・ステーション。9ミリナンチャラカンチャラというバンドが出てまして・・・。今,日本のロックの中でも最も勢いのあるバンドの一つらしいですが・・・。う〜む。

そして,こちらも日本のロック。いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの相対性理論。1stアルバムはここ最近の邦楽の中でもかなりの衝撃を受けた作品でしたが,それに続く待望の2ndアルバム。

個々の楽曲の水準から言えば前作に劣らない内容ではあります。ただ,もうちょっと,訳わからん方向へ冒険していただきたかった。あくまで前作の延長線上的な作品で,普通すぎる。ヴァンパイア・ウィークエンドやMGMTの2ndアルバムでの驚異的な飛躍を目の当たりにしたリスナーにとって,この2ndアルバムは,正直,想定範囲内。3作目は売れんでよろしいから,一回思いっきり冒険してほしいです。彼らだったら,レディ・ガガにも勝てるはず! 次は期待してます。

2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
スヌーザー誌が推す洋楽バンドはほとんどが好きなバンドなのですが、
こと邦楽となると、今いち彼らの評価基準がどこにあるのかが
ライターごとにもバラバラだし、よく分からないんですよ。
「え?アレを酷評するのに、何でコレは絶賛?」みたいなの多くないですか(苦笑)。

さて相対性理論、試聴してみた感想はFUJIMIROCKさんと同じく
「訳わからん方向へ冒険してほしかった」です。
何か普通に洗練された感じになっちゃいました。。。
スヌーザーはまだ読んでないですが、同感です。
もっと、とんでもない作品を期待していただけに、
物足りなさを感じますね。
今作から聴き始める場合は感じ方が違うのでしょうが…。

(9ミリ〜に関しても同感です。)
  • Sani
  • 2010.04.26 Monday 11:17
コハゲさん,毎度ありがとうございます!

確かにおっしゃるとおり,スヌーザー誌の邦楽バンドの評価は,いろいろありますね。ただ,最近のロック雑誌を見渡すとスヌーザーぐらいしかまともな雑誌がない!というのも個人的に思っていたりします。

相対性理論の今作については今日も聴いていたのですが,聴けば聴くほど楽曲水準は高いのを再確認できるのですが・・・・でも,やっぱりちょっと物足りない。行儀よすぎです。
  • FUJIMIROCK
  • 2010.04.26 Monday 22:28
Saniさん,毎度ありがとうございます!

やっぱり彼らの場合,ファースト・インパクトが大きすぎたのでしょうかね。あの衝撃を前提にこの新作を聴くと,物足りない気持ちにどうしてもなってしまいますよね。次回作は過剰な期待を込めずに,楽しみにしたいと思います。
  • FUJIMIROCK
  • 2010.04.26 Monday 22:32
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR