ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2ndも必聴です。 | main | 新種のドラッグ >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.10.12 Friday

時代と寄り添えなかった才能

♯178
Never Loved Elvis
ネヴァー・ラヴド・エルヴィス / ザ・ワンダー・スタッフ

90年代前半。ロックが80年代という内省の季節を終えて再び“外”へ向けて転がり始めた頃。私もちょうどその頃から一人暮らしの学生生活を始め,アルバイトで小遣いを稼いでは稼いだ分だけCDを買うという,今思うと夢のような時期でした。そういった環境にあったため,とりわけ90年代初期に活躍したアーティストには強い思い入れがあります。

ザ・ワンダー・スタッフ!!

80年代後期にデビューした彼らは,93年の「CONSTRUCTION FOR MODERN IDIOT」まで,4枚の素晴らしい作品を残すも,解散。その後,00年に入り,突然の再結成ライブを行い,昨年には通算6枚目のオリジナルアルバムをリリースするなど,再び活動を再開している。

80年代末から90年代前半にかけて,イギリスでは,マンチェ,シューゲイザー,アシッドハウス,さらにはブリットポップと目まぐるしくシーンが移り行く中,オーソドックスなギターロックをベースに,フィドルなどのトラッド要素を大胆に取り入れた彼らの鳴らすグルーヴは,当時から唯一無二のものでした。そんな異色な存在であったが故に,当時シーンの蚊帳の外に置かれ続けた彼らは,バンドの最も脂の乗っていた時期に十分な評価を得ることなく,解散してしまいました。(あくまで個人的な思い入れですが)シーンの喧騒に翻弄され続けたマイルス・ハントという才能は,時代さえ噛み合っていれば,トム・ヨークやデーモン・アルバーンになれた才能だと思っています。

本作は,初期のどちらかというとオーソドックスなギターロックから,前作で足がかりを掴んだトラッド方向へ大きく舵を切った転機作にして代表作(3rd)。
M4「WELCOME TO THE CHEAP SEATS」は,90年代ギターロック屈指の名曲です。


2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR