ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ストゥージズのカバーがこれまた最高 | main | 愛のある模倣 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.02.17 Saturday

世界中のハゲデブ讃歌

♯115
ドリトル
ドリトル / ピクシーズ

ピクシーズは90年代以降のロックシーンにおいて最も影響力のあったバンドの一つだと思います。それこそ,グランジからローファイまで,90年代のUSメインシーンは,彼らの音楽がなければ誕生しなかったのではないかとさえ思えます。ニルヴァーナとペイヴメント,そのある意味対極的な2つの最重要バンドがいずれもピクシーズの影響下にあるという事実がこのバンドの偉大さを物語っています。

そして,ピクシーズがロック史において残したもう一つの大きな功績(?)は,世界中のハゲとデブ(というか「ハゲでデブ」)に勇気を与えたということ。ハゲでデブという,従来ならばロックを演るには完全にNGだったキャラの方々に,ロックする権利を与えたこと。このブラック・フランシスの残した功績は,同じく世界中のナードなキャラにロックを演る権利を与えたスミスのモリッシーにも勝るものです。むしろ,ハゲでデブこそがロックなんだと思えてきたりするくらいの価値観の転覆。恐るべし,ピクシーズ。

本作は,プロデュースがアルビニからギル・ノートンに変わったことで,従来の凶暴性に,本来彼らの持っていたポップさが加わったピクシーズの飛躍作にして最高傑作。
この1枚による,後のロックシーンへの影響力は計り知れません。
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
こんにちはー。
「Doolittle」、自分も結構好きです。ていうかPixiesはこれしか聞いた事がありません。
轟音なのにポップってのがまたいいですよね。個人的にキム・ディールの存在が大きいと思うのですが、どうでしょう?
  • いもすけ山
  • 2007.02.18 Sunday 18:03
コメントありがとうございます。たしかに。キム姉さんの存在は大きい。ソニックユースでいうところのキム・ゴードン姉さんと同じぐらいの存在感です。
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR