ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 才能と寿命の相関性 | main | パンクの知性 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.04.28 Friday

静脈の流れる音

♯3
The Velvet Underground
ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド / ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド

ヴェルベッツの1stから3rdのどれが好きかでその人の音楽嗜好が大体わかる。
私は断然この3rd。静寂の中で時折のぞかせる狂気。アート性の強いポップな1st,前衛的な音響系2ndに比べると,一聴すると地味だが,賑やかだった以前の作品では聴こえなかったルー・リードの吐息までもが聴こえる裸のレコード。ちなみに本作からジョン・ケール不在。

2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

コメント
ヴェルヴェッツは『WHITE LIGHT/〜』で止まってしまっています(汗)。
あまりにもパラノイアックで濃すぎたもので…。

このアルバムはロックンロールを基本としながらもフォーキーだそうですね^ ^
ガチャピンさん,コメントありがとうございます。
ヴェルヴェッツの3rd,機会があれば是非聴いてみてください。1,2枚目と違った衝撃があると思います。
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR