ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.02.27 Sunday

11年ニュー・リリース♯3

11NEW RELEASE♯3

やはり,個人的に好きなバンドなので,この新作をやり過ごすわけにはいきません。
コールド・ウォー・キッズの3rdアルバム。

ネオ・ブルースの旗手と言われたこれまでの彼らのサウンドに比べると,別バンドといっても何ら問題ないぐらい,180度ベクトルの違うサウンドと言えるでしょう。それこそ,ホワイトストライプスが,いきなりコールドプレイほど暑苦しくなったぐらいの豹変ぶりです。おそらく,これまで彼らのファンであった人の10人中9人は失望させられると思います。間違いないです。

・・・と言いながらも,このダサさスレスレ(というかダサい)を辛抱しながら毎日聴いていると,妙にハマってきました。どこを目指しているかさっぱりわかりません(もしかしたら,キングス・オブ・レオンか? それとも本当にコールドプレイか,はたまたU2?)が,メロディの輪郭は間違いなく過去2作に比べて際立っていますし,かなり良い曲が多い。前2作を忘れてしまえば,「意外に良いアルバムじゃん」なんて思ったりしてきました。やっぱり,このネーサン・ウィレットのボーカルが,個人的に肌に合うんだろうな。

ということで,コールド・ウォー・キッズのある意味デビューアルバムです(笑)。前2作が好きだった人には絶対にお薦めいたしません。

2011.02.19 Saturday

11年ニュー・リリース♯2

11NEW RELEASE♯2

それにしても,大好きだったコールド・ウォー・キッズ(CWK)の新作があまりにも変貌していたことに驚いてしまいました。一体,どうしちゃったのよ。1st&2ndからとのあまりの豹変ぶり・・・。君達,どこ目指すことにしたの?

ということで,CWKのニューアルバムの紹介は見送りまして,あわせて買っていたジョニーというバンドのアルバムを紹介させていただきます。

耳馴染みのないこのバンドは,今や伝説となりつつあるあの「ウェールズの至宝」ゴーキーズ・ザイゴティック・マンキの中心人物であるユーロス・チャイルズと,こちらは言わずと知れた「グラスゴーの至宝」ティーンエイジ・ファンクラブのノーマン・ブレイクの2人を中心とするプロジェクト。これまでゴーキーズの活動でも交流のあった2人ではありますが,あらためてこうしてバンドとしての作品を聴いてみると,後期ゴーキーズの「牧歌的ではあるけれどもどこか捻くれたサウンド」とノーマン特有のポップかつキャッチーな甘いメロディが見事に融合した,絶妙なケミストリーを生み出しております。ファーリーズあたりが好きな方は絶対お勧めのアルバムです。

2011.02.12 Saturday

11年ニュー・リリース♯1

11NEW RELEASE♯1
21 / アデル

大変遅くなりましたが,2011年 ニュー・リリース1枚目の紹介です。

アデルの3年ぶりとなる新作『21』。
09年のデビュー時に,グラミー(「最優秀新人賞」,「最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス」)まで受賞し,今や世界的なシンガーにまで登り詰めたアデルちゃんではありますが,今作は「グラミー受賞後」で「2枚目のジンクス」という相当しんどい状況の中,さぞかしプレッシャーもあったことだろうと思いますが,さすが天才は違います。良い意味で「無難な2枚目」をリリースしてきました。たしかに「CHASING PAVEMENTS」のような大衆受けするキャッチーな楽曲は少ないように思えますが,前作の「19」という年齢から「21」になった分,大人の余裕のようなものを感じるアルバムとなっています。

いかにもグラミー賞アーティストらしく,同じソウル・シンガーとしては,エイミーワインハウスやダフィーに比べると多少優等生すぎるところはありますが,この人の場合,そもそもデビュー時から王道ど真ん中の「ホンモノ」でしたので,「まったく奇を衒っていない」この2枚目は非常に好感が持てますし,是非セールス的にも売れていただきたいです。

Powered by
30days Album
PR