ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2010.01.02 Saturday

2009年ベストアルバム(番外編)

マナーズ / パッション・ピット

あけましておめでとうございます。

昨年の暮れにご紹介しました2009年極私的ベスト5。毎度のことなのですが,この5枚以外にも素晴らしい作品がたくさんあった1年でした。パッション・ピット,ノア・アンド・ザ・ホエール,ホラーズ,フェニックス,パールジャム,ウィルコ,モリッシー,80キッズ等々,挙げだすとそれこそベスト10でも全然足りません。世間的にはあまり「豊作だった」という声を聞きませんが,個人的には良作の多い充実した1年だったように思えます。(ただ,ロック界にとって悲しいニュースが多かった1年でもありましたが・・・。)

新年早々には,ヴァンパイア・ウィークエンドやら,スプーンやら,デルフィックやらと楽しみな作品が続々リリースされる予定ですが,果たして,2010年はロック・シーンにとってどんな1年になることでしょうか。今年も超マイペースで新譜を中心にご紹介してまいりますので,引き続きよろしくお願いいたします。

最後に,例年同様,昨年購入したリストを備忘録として記録しておきます。

【2009年購入新譜リスト】
THE AIRBORNE TOXIC EVENT / THE AIRBORNE TOXIC EVENT
SET'EM WILD,SET'EM FREE / AKRON FAMILY
MERRIWEATHER POST PAVILION / ANIMAL COLLECTIVE
THE CRYING LIGHT / ANTONY AND THE JOHNSONS
HUMBUG / ARCTIC MONKEYS
LOGOS / ATLAS SOUND
NEVER CRY ANOTHER TEAR / BAD LIEUTENANT
SCARS / BASEMENTJAXX
TWO SUNS / BAT FOR LASHES
A BRIEF HISTORY OF LOVE / THE BIG PINK
I HAD THE BLUES BUT I SHOOK THEM LOOSE / BOMBAY BICYCLE CLUB
I THINK WE'RE GONNA NEED A BIGGER BOAT / THE BPA
THERE IS NO ENEMY / BUILT TO SPILL
READY FOR THE WEEKEND / CALVIN HARRIS
IGNORE THE IGNORANT / THE CRIBS
NEW ORDER / CURLY GIRAFFE
FARM / DINOSAUR Jr.
BITTE ORCA / DIRTY PROJECTORS
KINGDOM OF RUST / DOVES
IN THIS LIGHT AND ON THIS EVENING / EDITORS
THIS IS MY SHIT / 80 KIDZ
WALKING ON A DREAM / EMPIRE OF THE SUN
MUSIC FOR THE PEOPLE / THE ENEMY
OH,SCORPIO / THE FILMS
LUNGS / FLORENCE + THE MACHINE
TONIGHT / FRANZ FERDINAND
ALBUM / GIRLS
MUSIC FOR MEN / GOSSIP
21ST CENTURY BREAKDOWN / GREEN DAY
VECKATIMST / GRIZZLY BEAR
D.I.Y.H.I.G.E. / 髭[HiGE]
PRIMARY COLOURS / THE HORRORS
EVERYTHING IS NEW / JACK PENATE
SHAKA ROCK / JET
PHRAZES FOR THE YOUNG / JULIAN CASABLANCAS
WEST RYDER PAUPER LUNATIC ASYLUM / KASABIAN
LA ROUX / LA ROUX
PART OF GRACE / LILLIES AND REMAINS
IT'S NOT ME,IT'S YOU / LILY ALLEN
HANDS / LITTLE BOOTS
JOURNAL FOR PLAGUE LOVERS / MANIC STREET PREACHERS
LIGHT / MATISYAHU
THE BOY WHO KNEW TOO MUCH / MIKA
NECESSARY EVIL / THE MIRRAZ
YEARS OF REFUSAL / MORRISSEY
ARMISTICE / MUTEMATH
LIVE AT READING / NIRVANA
THE FIRST DAYS OF SPRING / NOAH AND THE WHALE
CROSSROAD / OCEANLANE
THE PAINS OF BEING PURE AT HEART / THE PAINS OF BEING PURE AT HEART
MANNERS / PASSION PIT
BACK SPACER / PEARL JAM
GRACE/WASTELANDS / PETER DOHERTY
WOLFGAMG AMADEUS PHOENIX / PHOENIX
INVADERS MUST DIE / THE PRODIGY
FINE FASCINATION / RED LIGHT COMPANY
SWOON / SILVERSUN PICKUPS
THE ETERNAL / SONIC YOUTH
STREET SWEEPER SOCIAL CLUB / STREET SWEEPER SOCIAL CLUB
DARK DAYS/LIGHT YEARS / SUPER FURRY ANIMALS
CONDITIONS / THE TEMPER TRAP
THEM CROOKED VULTURES / THEM CROOKED VULTURES
TINTED WINDOWS / TINTED WINDOWS
IN THE MUSIC / TRASHCAN SINATRAS
NO LINE ON THE HORIZON / U2
ON ALL FOURS / VIDEO NASTIES
WHICH BITCH? / THE VIEW
UNMAP / VOLCANO CHOIR
RADITUDE / WEEZER
TO LOSE MY LIFE... / WHITE LIES
WILCO(THE ALBUM) / WILCO
TWO DANCERS / WILD BEASTS
XX / THE XX
IT'S BLITZ! / YEAH YEAH YEAHS
魂のゆくえ / くるり
シンシロ / サカナクション
ハイファイ新書 / 相対性理論
ぼくらのうた / NHKおかあさんといっしょ(3歳の娘用)

以上,78枚

2009.12.28 Monday

2009年ベストアルバム(第1位)

2009BEST1
インヴェイダーズ・マスト・ダイ / ザ・プロディジー

第1位『INVADERS MUST DIE / THE PRODIGY』

今年購入した全アルバムの中で,ベスト1はコレです。

なんか,38歳のオッサンがこのプロディジーの回春アルバムを1位にセレクトするのは如何なものかと自分でも思ったりしますが,毎日の憂鬱な通勤時に私を一瞬にしてアゲアゲにしてくれた作品ですし,なによりも20年選手の彼らがこれほどまでのアドレナリン大放出の完全復活を果たしたという事実,そのことが嬉しくてなりません。レッチリ(ジョン脱退 悲…)の『CALIFORNICATION』的な意義深い作品です。基本的にフジロック以外のライブは不参戦なので,残念ながら今年の彼らの来日は思いっきり見逃してしまっていますが,来年こそはフジのヘッドライナーを張ってくださいな(ついでにキラーズも)。

しっかし,世間的なロックシーンの流れでいえば,アニコレやらアトラス・サウンドやらガールズやらと,USバンド勢が躍進した1年だったはずなのですが,私の上位5位はすべてUKバンド。我ながら呆れてしまうほどの世間との温度差(笑)。年なのですかね。(そのくせ,プロディジーが1位だって(笑))

ということで,今年も私的ベストアルバムをご紹介しましたところで,本ブログの更新を終了させていただきます。今年1年間,本ブログにお付き合いいただきました皆さま,本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。では,良いお年を!

2009.12.27 Sunday

2009年ベストアルバム(第2位)

2009BEST2
ハムバグ / アークティック・モンキーズ

第2位『HUMBUG / ARCTIC MONKEYS』

いきなりドアーズみたいなトンデモナイ3rdアルバムをリリースしてきたA・モンキーズ。
リリース時に感じていた戸惑いも,聴く回数を経るうちに徐々に消えていき,今やすっかり中毒状態と化した作品。(今もこれを書きながら本作を聴いているのですが,何かベスト1にしたくなってきた・・・)

彼らの最高傑作が1stアルバムであるという点においては,このアルバムが出ても変わることはない(ただ音だけで言うと今はこのアルバムの方が好きかも・・・)のですが,あの金字塔のような1st(&2nd)を創っておきながら,それにまったく固執することなく,かといって,そこからの脱却に殊更に躍起になるなるわけでもなく,普通に,ホント,フツーに,「最近,こんな感じが好きなんで・・・」って具合にこんなストレンジな傑作を出しちゃうわけですから,この兄ちゃんたちにはホント感服させられました。男は黙ってロックする。君たちは若いのに大したもんだね。

全10曲,駄曲は1曲たりともありません。どの曲も最高にカッコいいのですが,やっぱり「CORNERSTONE」が一番好きかなあ。あのPV最高だし。今年のベスト・クリップの一つ。

2009.12.26 Saturday

2009年ベストアルバム(第3位)

2009BEST3
トゥナイト / フランツ・フェルディナンド

第3位『TONIGHT / FRANZ FERDINAND』

今年の初めにリリースされ,1年間通してコンスタントに聴き続けた作品。

先に紹介したカサビアンといい,今年のロック・シーンを語る上において,出来の良い3rdアルバムが数多くリリースされたというのも話題の一つかもしれませんが,このフランツ・フェルディナンドのアルバムも例外でなく,彼ら特有のポップさを損ねることなく,というより更に強化したうえで,大胆なエレクトロニクスを導入するなど新たな進化を遂げた,理想的な3rdアルバムといえるのではないでしょうか。一部に,1stや2ndと比べて,アルバムを代表するような必殺キラー・チューンがないという意見もあるようですが,個人的には全くそんなことはなく,むしろアルバム全編を通しての楽曲の水準は1,2枚目をはるかに凌駕する内容だと思っています。

それにしても,本作が欧米各誌のベストアルバムの上位に全くランクインしていないというのは納得がいきません。ですので尚更にプッシュします。本当に良いアルバムです。

2009.12.24 Thursday

2009年ベストアルバム(第4位)

2009BEST4
エックス・エックス / ザ・エックス・エックス

第4位『 XX / THE XX』

この後に紹介する上位3枚と比べると,聴いた回数が圧倒的に少ない(本作を聴いたのが12月に入ってからでして…(猛省))のでこの順位に留めますが,聴いた時の衝撃度でいえば,今年1番の作品。

とても20歳かそこらの若者が創ったデビューアルバムとは思えないほど,クオリティーが高い作品で,なんか若くしてすでに達観している感じがする。普通,デビューアルバムだったら,初期衝動とかあったりして,もう少しガチャガチャ鳴らしたいんじゃないの。それがどうでしょうか,この徹頭徹尾クールなサウンドは。もうロックなんて,暑苦しくてやってらんない。最高です。

今年アルバムをリリースしたUSのニューカマー筆頭が,パッション・ピットだとすれば,UKの筆頭は,間違いなく このザ・エックス・エックスでしょう。

2009.12.23 Wednesday

2009年ベストアルバム(第5位)

2009BEST5
ウエスト・ライダー・ポーパー・ルナティック・アサイラム / カサビアン

今年の歌謡界はこれというヒット曲がないらしい。この前,ニュースでやっていたのですが,今年最も売れた楽曲の上位3曲がすべて「嵐(しかし凄いグループ名だなあ)」の曲だそうです。普通,ほっておいても街やらで流れ漏れてくるので,日本の歌謡シーンに多少疎くても,上位の曲ぐらいは聴いたことがあってもよさそうですが,残念ながらこの3曲はいずれも聴いたことがなかった。このように,その1年を象徴するような楽曲が生まれなかった要因の一つに,リスナー嗜好の多様化が進んでいることもあるらしい。なるほど。

翻って,ワールドワイドな視点においてのロック・シーンはどうか。
今月のスヌーザー誌においても編集長が懸念していたとおり,ロック・シーンにおいても嗜好の多様化が著しい。すでに出揃った各誌メディアの年間ベストをみても,それが顕著のようで,それぞれが自ら独自性を主張するのに躍起で,これという共通の価値基準がなくなってしまっている。 ピッチフォークの台頭もその一因と考えられているようですが,今やブログを介して個人が身勝手に自己主張できる時代ですから,時代の流れと言えばそうなのかもしれません。まあ少なくとも,当ブログはロック・シーンに1mmたりとも影響を及ぼしておりませんので,今年も無責任に,極私的な年間ベストアルバムを垂れ流させていただきます。

第5位『WEST RYDER PAUPER LUNATIC ASYLUM / KASABIAN』

文句なしに彼らの最高傑作でしょう。
眉毛兄弟バンドが解散してしまった今(ていうかリアムよ,「オアシス2.0」はないだろうよ),もうUK番長の座は,彼らが引き継いでいくしかないでしょう。UK番長の称号を継承するのに十分すぎるほどの貫禄の3rdアルバム。何やら,すでに新作を制作中らしく,音の方はトムいわく「ピンク・フロイド」的とのこと。相変わらず訳わからんですけど,たぶん次も最高にカッコいいんだろうと思います。

・・・とか書きながら今知ったのですが,年明けの武道館公演,中止? バカ。

Powered by
30days Album
PR