ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.02.27 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.01.01 Tuesday

2007年ベストアルバム(番外編)

2007BEST OTHERS
Love/Hate
ラヴ/ヘイト / ナイン・ブラック・アルプス

新年 あけまして おめでとうございます。
本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて,年末の恒例企画であります,2007年ベストアルバムの紹介が,諸事情によりまして,かなりヤッツケな感じで終わってしまいましたので,年が明けたにもかかわらず,もう少しだけネチネチと2007年を振り返ってみたいと思います。(新年早々,これといって特にネタもございませんのでご容赦ください(笑))

2007年は個人的にはかなり豊作だったように思います。
すでにご紹介しました5枚に限らず,ストライプス,LCD,アクモン,ジャスティス,キングス・オブ・レオン,スプーン,ファーリーズ,クラクソンズ,ベビシャン,ビュー,マルーン5,MIKA,ライロ・カイリー,ウィルコ,髭,
etc・・・,と挙げるとキリがないほど,多くの傑作アルバムがリリースされた1年だったように思います。あと,年末にリリースされた,ナイン・ブラック・アルプスの新作! これはよかった。1stに比べると全く攻撃的な感じがなくなっていますが,グッド・メロディ満載で,アイドル・ワイルドと同じく,個人的には良い裏切り方をされた1枚でした。

さて,そんな中で,唯一の心残りが,レディオヘッドの「イン・レインボウズ」を未聴であるということ(!)です。これを聴かずして2007年を語るなど言語道断なような気もしますが,ダウンロードして音楽を聴くというハイテクな聴き方のできないIT音痴な私は,トム・ヨークの革新的な新しい試みに対し,賛同も批判もできないレベル(笑)で,ほとんどスルーしてしまいました(トム,ごめんよ)。おそらく,年末ギリギリにCDがリリースされたのでしょうが,1週間やそこらで評価するの困難なため諦めてしまいました。無念です。(今年,じっくりと聴かせていただきます)

そんな感じで,徐々に時代についていくことすら危うくなってきた今日この頃ですが,今年はどんな1年になることでしょうか。いずれにしましても,アーティストの皆さん,ダウンロードでのリリースはやめてください。

最後に,備忘録を兼ねて2007年に購入した新譜CDリストを以下に記したいと思います。

STRAWBERRY JAM / ANIMAL COLLECTIVE
NEON BIBLE / ARCADE FIRE
FAVOURITE WORST NIGHTMARE / ARCTIC MONKEYS
TWILIGHT OF THE INNOCENTS / ASH
SHOFFERS NATION / BABYSHAMBLES
CEASE TO BIGIN / BAND OF HORSES
THE MIX-UP / BEASTIE BOYS
VOLTA / BJORK
BABY 81 / BLACK REBEL MOTORCYCLE CLUB
A WEEKEND IN THE CITY / BLOC PARTY
MAGIC / BRUCE SPRINGSTEEN
WE ARE THE NIGHT / THE CHEMICAL BROTHERS
MYTH TAKES / !!!
SOME LOUD THUNDER / CLAP YOUR HANDS SAY YEAH
ROBBERS & COWARDS / COLD WAR KIDS
ROOTS & ECHOES / THE CORAL
MEN'S NEEDS,WOMEN'S NEEDS,WHATEVER / THE CRIBS
AN END HAS A START / EDITORS
WE'LL LIVE AND DIE IN THESE TOWNS / THE ENEMY
THE REMINDER / FEIST
ECHOES,SILENCE,PATIENCE & GRACE / FOO FIGHTERS
TRAFFIC AND WEATHER / FOUNTAINS OF WAYNE
THE GOOD,THE BAD & THE QUEEN / THE GOOD,THE BAD & THE QUEEN
ONCE UPON A TIME IN THE WEST / HARD-FI
CHAOS IN APPLE / HiGE
THE BLACK AND WHITE ALBUM / THE HIVES
STRANGE HOUSE / THE HORRORS
HAPPINESS LTD. / HOT HOT HEAT
MAKE ANOTHER WORLD / IDLEWILD
CHASE THIS LIGHT / JIMMY EAT WORLD
GRAND NATIONAL / THE JOHN BUTLER TRIO
"CROSS" / JUSTICE
YOUR TRULY ANGRY MOB / KAISER CHIEFS
MADE OF BRICKS / KATE NASH
BECAUSE OF THE TIMES / KINGS OF LEON
MYTHS OF THE NEAR FUTURE / KLAXONS
STRANGEFOLK / KULA SHAKER
GRADUATION / KANYE WEST
MIGHT AS WELL LIVE / LAST DAYS OF APRIL
SOUND OF SILVER / LCD SOUND SYSTEM
MINUTES TO MIDNIGHT / LINKIN PARK
SEND AWAY THE TIGERS / MANIC STREET PREACHERS
IT WON'T BE SOON BEFORE LONG / MAROON 5
KALA / M.I.A.
LIFE IN CARTOON MOTION / MIKA
WE WERE DEAD BEFORE THE SHIP EVEN SANK / MODEST MOUSE
THESE THINGS MOVE IN THREES / MUMM-RA
LOVE/HATE / NINE BLACK ALPS
YEAR ZERO / NINE INCH NAILS
WAIT FOR ME / THE PIGEON DETECTIVES
PLANET EARTH / PRINCE
GIRLS AND WEATHER / THE RUMBLE STRIPS
UNDER THE BLACKLIGHT / RILO KILEY
WINCING THE NIGHT AWAY / THE SHINS
ATTACK DECAY SUSTAIN RELEASE / SIMIAN MOBILE DISCO
ZEITGEIST / SMASHING PUMPKINS
GA.GA.GA.GA.GA. / SPOON
HEY VENUS! / SUPER FURRY ANIMALS
HEART TURNED TO D.E.A.D. / SWITCHES
TEENAGER / THE THRILLS
THE BOY WITH NO NAME / TRAVIS
LOVE IT WHEN I FEEL LIKE THIS / THE TWANG
HATS OFF TO THE BUSKERS / THE VIEW
ICKY THUMP / THE WHITE STRIPES
SKY BLUE SKY / WILCO
以上,65枚(アルファベット順)
2007.12.28 Friday

2007年ベストアルバム(第1位)

2007BEST1
The Black and White Album
ザ・ブラック・アンド・ホワイト・アルバム / ザ・ハイヴス

第1位「THE BLACK AND WHITE ALBUM / THE HIVES」

明日から田舎に帰省するため,パソコンすらない実家では当分ブログ更新ができません。
ということで,サッサと1位まで書いちゃいます。

第3位が M.I.A.で,第2位が ARCADE FIRE なのに,栄えある第1位がこんなおバカさんでいいのでしょうか。いいのです。いろいろゴタクを並べましたが,最終的にはロックはおバカさんが勝つから面白いのです。

知能犯なのかナチュラル・ボーン・おバカさんなのか,もう全くわからないぐらい最高にカッコいいです。

なんか,薀蓄書くのもバカらしくなってきましたのでやめることにします。

ダ・ハイヴス!最高!
2007.12.28 Friday

2007年ベストアルバム(第2位)

2007BEST2
Neon Bible
ネオン・バイブル / アーケイド・ファイア

第2位「NEON BIBLE / ARCADE FIRE」

これがリリースされたのは,今年の初め頃だったように思います。
初めて聴いた時はそれほど強いインパクトはなかったのですが,私の中の「ヒット・チャート」(?)において,ジワジワとヒットし続け,ほとんど1年中聴き続けた1枚でした。私的「ヒット・チャート」で最も長くチャートに居座り続けたスルメ・アルバムです。

カナダはモントリオール出身の多人数編成バンド,アーケイド・ファイアの2ndアルバム。荘厳で雄大な音楽とでもいいましょうか,そのスケールの大きさに思わず圧倒されてしまいます。マーキュリー・レヴやフレーミング・リップスの持つサイケな浮遊感とはまた一味違う独特の世界観。アルバム中,屈指の名曲「INTERVENTION」を聴くとなぜかわかりませんが泣きそうになっていしまいます(笑)。これ,苗場のグリーンで聴いたら絶対泣くなあ。今,1番ライブを観たいバンドの一つです。
2007.12.27 Thursday

2007年ベストアルバム(第3位)

2007BEST3
カラ KALA
カラ / M.I.A.

第3位「KALA / M.I.A.」

リリー・アレンに,ケイト・ナッシュ,エイミー・ワインハウスと昨今,才能溢れる女性アーティストは多いですが,個人的にはその中でも群を抜いてゾッコンなのが,この M.I.A.ことマヤ・アルプラガサムです。

彼女の1stアルバム「ARULAR」を初めて聴いた時の衝撃も相当なものでしたが,この2ndアルバム「KALA」はそれを軽く超える傑作です。1stの勢いはそのままに,何よりも楽曲が圧倒的なまでポップに仕上がっているのが素晴らしい。確かに,DIPLOやSWITCH,TIMBALANDといった敏腕プロデューサーの貢献は少なくありませんが,これだけのマテリアルをサラリと創ってしまう彼女の才能は,あのビョークに匹敵すると言っても過言ではありません(褒めすぎでしょうか)。

パンクもヒップホップもレゲエもダブもエレクトロニカも民族音楽も,子供たちのコーラスも,銃の装填音も,彼女の手にかかれば,それらすべてをごった煮にして,最高のポップスに仕上げてくれます。
音楽のジャンルも,民族の壁も,国境さえも超越したところで鳴っている,究極のボーダーレス・ロック。日本でも,もっと盛り上がらなきゃウソでしょ。
2007.12.25 Tuesday

2007年ベストアルバム(第4位)

2007BEST4
Myth Takes
ミス・テイクス / !!!

第4位「MYTH TAKES / !!! 」

フジロックが終わってもう5か月が過ぎようとしています。今年のフジロックも最高でしたよね。来年の話(しかも来年の夏の話など)をすると鬼が笑うといいますが,2008年のフジロックは誰が来るのでしょうね。まあ,誰が来ても楽しいだろうからいいか(笑)。

今年のフジロックでベストアクトの1組だった!!!。短パン姿のパーマ男が髭ダンスで客を煽る様はかなり異様な光景でした(笑)が,間違いなく3日間のグリーンの中で最もハッピーなヴァイブに満ち溢れていた瞬間でした。

本作は,今年リリースされたあらゆるロックアルバムの中で,最も卑猥で野蛮な1枚。前作「LOUDEN UP NOW」も最高でしたが,作品としての完成度は圧倒的に本作が上を行っています。あなたの「野生」を呼び覚ます原始ロックです。頭を空っぽにして踊り狂いましょう。
2007.12.23 Sunday

2007年ベストアルバム(第5位)

2007BEST5
We Were Dead Before the Ship Even Sank
ウィ・ワー・デッド・ビフォー・ザ・シップ・イーヴン・サンク / モデスト・マウス

さて,今年も昨年と同様,独り自己満足企画「2007年 年間ベストアルバム」を発表させていただきます。

今年の新譜購入枚数は65枚と,概ね例年どおりの枚数となりました。月に5枚強しか買えていないと考えると少ない気もしますが,小遣い月3万円のサラリーマンにしてはよく聴いた方でしょう。(旧譜も同じ数ぐらい買っていますからね。)
枚数が60枚程度ですので,今年もベスト10ではなく,厳選のベスト5を紹介させていただきます。(ホント,5枚は少ないです。この5枚を選ぶのに候補として15枚くらい残りましたから。じゃあ,ベスト15にすればいいじゃない,という御尤もな突っ込みを受けそうですが,やはり選び悩むのも楽しかったりしますので。ホント,自己満足以外の何ものでもないなあ。)

第5位「WE WERE DEAD BEFORE THE SHIP EVEN SANK / MODEST MOUSE」

本作は彼らの通算5作目の作品であり,そういう意味では今更ながら彼らの素晴らしさを力説するまでもないのかもしれませんが,正直なところプラチナディスクとなった前作「GOOD NEWS FOR PEOPLE WHO LOVE BAD NEWS」は絶対地味だったですし,かなりポップで聴きやすくなった本作で大ブレイクを果たしたというのは,妙に納得できるような気がします。その大きな要因が,ジョニー・マーの正式加入であると言ってしまうと,古くからのモデスト・ファンに叱られそうですが,彼の加入が起爆剤となったのは間違いないでしょう。

かつてのザ・ザにおけるジョニー・マーの貢献を例に挙げるまでもなく,彼は自己の才能を正しく理解し,どこ(どのバンド)で,どう使えば,その才能が最大限発揮できるかをよく心得ているようです。天才は,その才能の活かし方を知ってこそ,真の天才なのでしょう。ザ・ザの「DUSK」以来のジョニー・マーのベストワーク・アルバムです。
Powered by
30days Album
PR